FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレージキット製作に関して説明(パルスィ編)その4

今日も今日とてパルスィのガレキの製作補足を。

前回までで大まかな気泡欠けとかはなくなったはず。
んで今回は厄介な微細気泡と呼ばれるものの処理について説明します。
この微細気泡、なぜか出来る時と出来ない時があります。謎です。
なかったら今回の記事は用無しですね。
あったらごめんなさい。僕はモニターの前で謝ってます。

さて、まずは写真を。
DSCN1910.jpg


おわかりいただけるだろうか?
白いツブツブが。
これがレジン(ガレージキットの材料のこと)表面に浮かんだ微細気泡ってやつです。
蛍光灯やライトで透かして見ないと見えないレベルです。
レジン表面の薄皮の下にあるって感じなので、やすりをかけ過ぎるとこいつが出てくるのです。
小さい穴とはいえこれが表面に出てくるとサーフェイサーを吹いても埋めることが出来ずに泣きを見ます。
で、この穴が表面にでてるのか、薄皮一枚の下にあるからセーフなのかはサーフェイサーを吹かないとほとんどわかりません。アウトだったら表面に小さい穴ができます。
とにかく厄介です。


で、微細気泡のせいで表面に穴が開いとるやんけーとわかったらこれを使ってます。
DSCN1916.jpg

てってれててー(ゼルダの伝説的に)
ま、白いパテですね、
取り扱ってるお店があんまりないかもですが、あればこれが便利です。
なかったら白いラッカーパテを溶剤で溶かして塗りましょう。
百円均一の筆とかでいいのでパテ専用の筆を作っとくと良いでしょう。何となく。
DSCN1918.jpg

べったり塗ります。
乾くのに時間がかかるので2,3日は待ちたいところです。
完全に乾いたと思ったら細かめのやすりで削ります。
このときパテを全部削ってしまうと結局また穴が出てきて無限ループに陥るので慎重に。
穴は埋めるけど、造型は極力つぶさないように。
で、穴が埋まったと思ったらもう一回サーフェイサーを吹いて確認します。
表面が綺麗になってたら成功。

こんな感じで。
では、次回に続く。

ところで、今は何となく昔買って積んでたガレージキットを作ったりしてます。
やっぱり他の人の造型はすごいです。
僕のはほんと200円ガシャポンとかの出来の悪い奴レベルですね。
でもいつかは一個ずつ箱に入って5000円も6000円もするマニア向けフィギュアぐらいのレベルに達したいな、と思った。

話がそれたけど、何が言いたかったのかと言うとやっぱ他の人が作ったのを作るのは難しい。
だってどうやって組めばいいのかわからないから。
プラモデルみたいに説明書があってカチッと組めるなら話は別だけど。
部品だけどん!と渡されても組めないと思うのよな、実際。
僕とかは自分でも作ってるから「こうかな?」って何となくわかるけど、それでもやっぱりきつい。
模型やガレキをあんまり触ったことない人になおさらな訳で、見てる人がいるのかわかんないけどこういう製作補足をやらせてもらってます。
ちゃんちゃん。


それにしてもモンハンの中毒性はヤバイね。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

グドングドン

Author:グドングドン
推しジュエルペットはサフィー。
twitter@gudon02

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。